収入証明書が無くても即日融資可能?業者や金額による違い

MENU

キャッシングをする際には、申し込み書の記入の他にも運転免許証など身分証明書を始め、提出書類が必要となります。その中の一つが収入証明書です。
貸金業者側からすれば、お金を貸しても返ってくるというあてが無いのならむやみにやたらと貸し出すことは出来ません。ですので、収入証明書によってきちんと返済出来る見込みがあるかどうかをチェックしているのです。

 

■収入証明書とはどのような書類のこと?

普段の生活で「収入証明書」という言葉はあまり使う機会が無いかも知れません。以下のような書類を法令上収入証明書と呼びます。

 

会社員やパート・アルバイトの方

・源泉徴収票
・給与明細書(直近2ヶ月分)
・所得証明書

 

 

自営業の方

・確定申告書
・青色申告決算書

 

このような書類をいざ使おうと思っても何処にしまったか分からなくなってしまったり、新しく発行してもらおうと思っても役所などに行く時間が無かったりして用意するには時間がかかることも多いはずです。

 

そのため、即日融資を希望している方にとっては収入証明書の提出というのが非常にネックに感じるかも知れません。しかし、収入証明書不要でキャッシングが出来るというケースもあるのです。

 

■収入証明書無しで即日融資を受けたい場合

まず、消費者金融会社から借り入れをするという場合には、借入金額が50万円まで。そして他の業者からもすでに借り入れしているという場合には合計100万円までですと収入証明書は不要です。

 

そして銀行カードローンの場合ですと特に収入証明書の提出は求められていません。いくらまで借りられるかという限度額は各銀行によってそれぞれ異なります。

 

何故、同じキャッシングであっても必要書類が違うのかと言いますと、収入証明書が必要かどうかというのは貸金業法に定められていることだからです。銀行カードローンは貸金業法に抵触しないため、提出せずに即日融資を受けることが可能になっているのです。